山梨 さくらんぼ 桃 ぶどう ハム 

そうです! 私が みせすちゃいるど です♪
〒400-0104
 山梨県甲斐市龍地798-165
 電話&ファックス(同じ番号です) 0551-45-6845
 ショップのトップページへ マイアカウント お問い合わせ ショップ概要(特定取引の表示) お買い物の流れ 

初めてお買いものの方にもれなく300ポイントプレゼント
送料無料(一部北海道・九州・四国・離島を除く)
カード決算もできます
ファックスでお買い物ができます。

商品検索 商品カテゴリー
山梨県甲斐市甲州ワインビーフ【小林牧場】

甲州ワインビーフを育てている小林牧場レポート



9月も終わりという晴れた日に、小林牧場におじゃましました。


甲州ワインビーフって? 安心・安全・美味しい!


詳しくはこちら≫



 
 店長の自宅と同じ『甲斐市』にありますが、なんと30分も山道を入って登って行った一番奥の奥のおく〜〜〜の広大な山の斜面に15棟の牛舎のある大きな牧場でした。

標高1000m
1300頭もの牛を飼育している牧場です。
このエリアには有名な『昇仙峡』があります。

 まずはアポイントを取っていた事務所におじゃましました。牛舎の場所やワインの搾りかすの場所、また農業用堆肥を作っている場所などをお聞きして、いざ見学!と、「衛生管理上、靴にビニールカバーをお願いします」との事で、青いビニールカバーをいただきかぶせました。徹底管理されてるんですね!
写真は店長の夫の足を上から撮った写真です。



飼育頭数
 【交雑種】 1,200頭
 【黒毛和牛】 200頭

大きな黒い牛が数えきれないほどいて
お行儀よくきちんと並んで立っていました。
牛舎も大きく長〜〜〜い!
こんな広い牛舎が15棟も坂道(山道)の両側に建っています。
牛舎はとても清潔で、牧場内をトラクターを運転したり
車で上の牛舎に行ったり下の牛舎を見たり、従業員の方々が
とても忙しそうに働いていました。



こちらの牛舎では子牛(生後3〜5ヶ月)が乾草を食べていました。



生後6ヶ月からはワインを作るときに出るワインのブドウ粕と
遺伝子組み換えをしていないオカラ、とうもろこし、ふすま、大豆粕、麦などを
混ぜ合わせた粕類混合飼料を食べて育ちます。

ワインのブドウ粕を与えるから甲州ワインビーフと言います。
それによっておいしい肉となります。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【甲州ワインビーフって? 安心・安全・美味しい!】

安心 遺伝子組み換え飼料は極力使用しない肥育された甲州ワインビールは、食の安全安心に重きを置いた飼育マニュアルに沿って育てられています。

安全 小林牧場の牛は、ストレスの無い環境で育てられます。澄んだ空気と水、自然に囲まれた山梨の風土だから健康に育つのです。

美味 ワイン粕肥育は良質の食物繊維を含み、ぶどうの皮や種などにより酵素の働きかけがあり肉のうまみが引き出されるのです。

遺伝子組み換え飼料は極力使用しない

牧場内での農薬は使用しない

環境にもやさしい循環農業を実施(堆肥)


甲州ワインビーフを育てる ワインのぶどう粕
甲州ワインビーフは、ぶどう発祥の地、山梨だから
生まれたブランド牛です!




ワインを搾って残ったブドウ粕を餌にして育てているから
キメの細かい柔らかい、ほんのり甘みのある肉質になります。


 ブドウ粕  ブドウ粕+オカラ  飼料米  混合飼料

 ブドウ粕を保存している場所に
行ってきました。
周囲にワインの甘い香りが漂っていて今にも酔ってしまいそう・・・。
ぶどうの皮の他に種も緒に混ざっています。これを遺伝子組み換え極力しない餌とブレンドして牛に与えるそうです。

************************************************************************

【甲州ワインビーフ 商品一覧】

甲州ワインビーフギフトセット 甲州ワインビールシチューセット 甲州ワインビーフ カレーとシチューギフトセット
ビーフカレー ビーフシチュー カレーシチューセット
すき焼きギフト 焼肉ギフト
すき焼き
 500g / 1kg
焼 肉
500g / 1kg

************************************************************************

【堆肥を作っています・堆肥センターについて】


環境にもやさしい循環農業


甲州ワインビーフ

小林牧場の一番上の場所に堆肥センターがあります。
ここでは、牛の糞にさまざまな成分を混ぜて2度発酵させ
質の良い肥料ができあがります。
オートメーションで機械が動いていました。


   

この堆肥はワインを作るぶどうにも使われています。
おいしいぶどうが実ります。
また、一般の家庭菜園などにも購入することが
できるそうです。

この堆肥で栄養をいっぱいもらったおいしいぶどうから
上質のワインができて、そのワインの搾り粕と
さまざまな遺伝子組み換え無しの餌と混ぜて
牛の餌になって、おいしい牛肉になります。
その牛の糞を発行させてまた堆肥になって・・・・
これが、
環境にもやさしい循環農業なのです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
レポート:佐藤順子


RSSATOM