山梨 さくらんぼ 桃 ぶどう ハム 

そうです! 私が みせすちゃいるど です♪
〒400-0104
 山梨県甲斐市龍地798-165
 電話&ファックス(同じ番号です) 0551-45-6845
 ショップのトップページへ マイアカウント お問い合わせ ショップ概要(特定取引の表示) お買い物の流れ 

初めてお買いものの方にもれなく300ポイントプレゼント
送料無料(一部北海道・九州・四国・離島を除く)
カード決算もできます
ファックスでお買い物ができます。

商品検索 商品カテゴリー
売れ筋商品
自然栽培 牧丘の巨峰 深沢農園
11月に新鮮な巨峰があるのは奇跡なんです!


  2011年11月某日

  さくらんぼ・桃・ぶどうと販売してきた今年のナビショップも、旬の時期を終え
  少しの〜んびりした日々が戻ってきたころのことです。
  某道の駅に立ち寄った私は、自分の目を疑いました。
  「え??? こ時期に巨峰???まさか・・・」
  そうです、その道の駅には、玉張りも良く、パツンパツンした見た目にも新鮮な
  艶やかな巨峰が並べて売られているではありませんかっ!
  「なななんと!」
  ぶどうの中でも黒系(巨峰・ピオーネ・藤稔など)のぶどうの収穫は早いです。
  巨峰は8月の中旬から9月中旬くらいが旬で、それ以降はあまり良い状態とはいえず、
  当然9月末から10月中旬になると山梨の店頭に出ることもありません。
  早速購入して味を確かめてみました・
  「間違いなく、新鮮で甘味たっぷり、コクもある巨峰!これはすごい!」
  特に、2011年はぶどうが不作で、牧丘の巨峰といえどもあまり良いぶどうとは
  言えない状態でした。そんな中でこの巨峰に出会えたのは奇跡!
  そのラベルと取り置き、今年2012年初夏、そのぶどう農園を訪ね歩きました。
  農園の名前しかありませんでしたので、道の駅で聞いて、牧丘の畑たずねました。
  しかし、近所までは行きつくのですが、その農家さんの家が見つかりません。
  でも、諦める訳には行きません!
  11月になってもおいしい巨峰があるのなら、ぜひ皆さんにご紹介したい!
  牧丘の畑の中で作業する人を見つけ、たずねたずねてやっと場所がわかりました。

 深沢さんにたどりついた!
 訪ねた主旨をお話しすると
 「毎年決まったお客さんから注文がある」
 「農協(JA)さんに出荷しているから」
 「人出が足りないんだよ」
 と・・・これ以上のお客さんは要らないよ!
 と言われてしまいました。
 それでも、
 「なぜ巨峰が11月まであるのですか?」
 と伺うと
 「俺はめんどくさがりだからな」と言うのです。
 どいういう事かと言うと
 (1)出来るだけ手を入れないようにして栽培している。
 (2)農薬など他の農園では沢山散布するのに、
   めんどくさいからできるだけ撒かないようにしている。
 (3)人手が足りないからその日に必要な分だけ
   収穫している。
 「めんどくさい・人手が足りない」とうのは口実で、
 実はこれが深沢さんの農法ということだとすぐ理解
 しました。
巨峰の畑【深沢農園】園主の深沢さん
  しばらく打ち解けて話をするうちに
  「どんな作物でもそうだが、今は手をかけすぎる。
   自然に逆らわず、自然の力を極力借りて栽培すると生き生きした作物が収穫できるんだよ」
  農園は、それぞれの良さがあり、どこもおいしい果物を作ろうを思考錯誤して
  自分の農法に行きついています。
  深沢農園の農法も、確かに!と頷けるのです。
  やはり、魅力は11月まで巨峰がある!その事実はこの栽培方法が一つの正解であるという
  証拠なのだと感じました。
  農家の話、巨峰の話、たわいもない噂話など伺っているうちに
  「いいよ!売りたいならやってみても」と言ってくださいました。
 
  2012年秋より、
 
「深沢農園の巨峰」とその巨峰を含めたぶどうのセットを販売します。
 




甘い!旨いは当たり前!巨峰で有名な山梨県牧丘町から朝採り発送!

出荷の様子 採れたて巨峰

おいしいぶどうは、良い土壌に育つと申します。

牧丘のぶどうは、まさにその「良い土壌」

その上、深沢さんの作るぶどうは、自然を上手に利用し

ぶどうに手をかけすぎない!甘やかせない!

甘くてコクがありおいしいぶどうを栽培するのは

子育てに似たところがあるんですね!


そんな、深沢農園のぶどうはこちらからご覧ください。
↓↓↓↓↓

巨峰2kg 4200円【牧丘・深沢農園】 巨峰3kg 5500円【牧丘・深沢農園】 園主にお任せ3kg 5500円【牧丘・深沢農園】


RSSATOM